五木村・人吉ツーリング
6月10日(日) 晴れ



長崎もついに梅雨入りしたとの天気予報に「しばらくはバイクもシーズンオフかぁ」なんぞ思っておりましたらなんてことはないGoodな天気じゃありませんか!
ドリームのツーリングは雨ばかりじゃありませんよ!(^v^)V


しかしながら梅雨の晴れ間に当たったこの日は、ここぞとばかりに参加者も直前に増え、総勢19台でのスタートとなりました。

朝7時50分の多比良港にはすでに数多くのツーリングバイクが並んでおり、バイク乗りは皆共通の意識を持っているものだと思いました。


長崎を出るフェリーまでは空は雲がかかっていましたが、しばらくすると夏の日みたいにスカッと晴れ渡り、走っていないと汗がにじんでくるほど気温も上がり最高のツーリング日和です。

長洲港に到着後501号線を南下、熊本港付近のコンビニで休憩した後、宇土から新幹線の高架下を通るウキウキロードを走り、氷川町にある『立神峡』へ。


立神峡に着く頃には、日差しも真夏のように強くなり日陰を探しつつ吊り橋を渡り河原で涼みました。
今回は走行予定距離も長くタイトなスケジュールになっていたが、以外にも渋滞もなく理想的なスケジュール消化で気分も楽に走れました。

25号線を下り、昼食は五木村の『久領庵』にて蕎麦の定食をいただきます。
めずらしく予定より早く到着。 用意できるまでしばしお待ちを・・・。


五木村の郷土料理を堪能し、五木の子守唄を口ずさみながら人吉に向けて気持ち良くバイクを走らせました。
おかげで少し眠くなってしまった。

人吉までは眼下に清流が流れるリズムの良いワインディングを気持ちの良いスピードで走ることができる。時折通るトンネルの中のひんやりした空気が気持ちいいほど日差しは強く気温も高くなって、真夏のツーリングの暑さを少しだけ思いだしたようだった。






本日のメインイベント『SL人吉』。 到着時刻に合わせて早めに駅に到着。
以前のツーリングで人吉駅で見ていたので、今回はローカル感があってSLに似合う『一勝地駅』にて列車の到着を待っていると、黒煙を上げて雄々しくSL人吉がホームに入ってきた。
停車時間は10分少々。 あちこちからカメラを向け迫力あるSLを写真に収めました。
電車好きではないが、真近で見ると機械的な迫力に圧倒され、黒煙を吐き警笛を鳴らしながら走り去るSLに興奮を覚えてしまった。
今度はぜひ乗ってみたい。

球磨川沿いを八代方面に上って『道の駅さかもと』にて休憩した後、先を急ぐ方は高速にて長崎まで、本隊は菊水ICで降り長洲港から有明フェリーにて長崎に渡ったがドリームに着いたのは20分も違わなかったようでした。

梅雨入りした後の奇跡的な晴れ間にツーリングが出来たことはとても良かったですね。
次回は夏真っ盛りになることでしょう。





トップページへ      イベントのページへ       ページの先頭へ