トップ
ホットニュース
店舗紹介
イベント
新車ラインナップ
中古車情報
カスタマイズ
テストライド
DRIVE to DREAMS
 
 
 

 

16のヘアピンカーブ持つ鏡山
 唐津の名所虹ノ松原を一望できるスポットで有名な鏡山。標高283mの頂上までに16のエグいカーブが連なっている。一昔前までは、走り屋達やライダーで賑わった場所だったが、今回久しぶりに通ってみると、ほとんどの直線が波状路となっていた。暴走族などの排出が目的なのだろうが、タイトなコーナーが連続して面白い峠道だっただけにちょっぴり寂しかった。それでもコーナーのいたるところに付いたブラックマークやタイヤかすが落ちていた。
 鏡山神社で帰り道の安全を祈願する楠田君と樋口君。

からつバーガーを喰らう


  さっきあれほど腹いっぱいイカを食べたというのに「からつバーガー」と聞くと全然入ってしまうのは若さゆえ?唐津といえば「虹ノ松原」と「からつバーガー」と言うくらい有名。
  来たからには一応押さえておきましょう。
  そうこうしている内に日も暮れはじめ、帰路へ向かう一行でした。帰りは厳木多久道路(有料)を通り、多久から長崎自動車道を使ってドリーム長崎へ。
  今回は’06CBR1000RRの発売に合わせて取材に行きましたが、平日だったのもあってほとんどツーリングライダーを見かけませんでした。参加してくれた二人のゲストも食に走りに満足してくれたようで、さらなるCBRの魅力にとり付かれた様子でした。
 
  このコーナーも忙しくなってなかなか更新できませんが、これからも続けていきますので、首をながーくして待っててくださいね。
今回のゲスト、楠田君の感想

 
今回のツーリングは先週の週間天気予報の雨の予報をくつがえし、晴天とまではいきませんが、快適な天気、気温でコンディションは上々でした。それに今回はCBRばかり4台で走るということでテンションも上々!同じ参加者の樋口くんと一緒に走るのもこれで3度めで、ちょうど去年の今頃第1回のニューモデル試乗会のことを思い出します。
’06CBR1000RR、無限1000RR、600RRMovistar、オマケの900やっぱりこれだけの役者が揃うと、一般の人もびっくりするみたいで「このバイクはナナハンね!?」とか聞いてくる人や、「スゲェ!」って感じの表情を浮かべる人がいて、な〜んかおもしろかったです。

  道中僕は’06モデルの1000RRに乗せてもらったんですが、これがなかなか良かったです。
乗りやすいし、パワーも十二分にあるし、振動も少なくて快適でした。やっぱいいなぁ新しいバイクは。

  とまあ、バイクも良かったんですが、ツーリングの楽しみ、食べ物も良かったですよ。呼子のイカは食べるの初めてだったんですが、これがホントに美味しかったです。刺身やシュウマイ、そして天ぷら、もう幸せでした。虹ノ松原で食べた唐津バーガーも言うことなし!でしたね。

  波戸岬では海中展望塔なる稀有なものもありました。そこはまさに天然の水族館窓の外には多数の魚が泳いでました。ほとんどがフグでしたけどね。普段見慣れない風景にちょ〜っとばかり僕のテンションは急上昇してしまいましたね。カワハギが可愛かった!

  これから、気温も上がってバイクに乗りやすい季節になっていきます。気持ちはうきうき!春っていいな〜と思う今日この頃なのでした。
今回のゲスト、樋口君の感想

 
今回のツーリングはバイク人生初の本格的なツーリングだったので、とても楽しみにしていました。
  ツーリングというと、目的地までゆっくりとしたペースで走るものだと思っていたので、ちょっと退屈かなと思っていたのですが、今回ハイペースで走れるワインディングコースが設定されていたので、退屈することなく楽しく走ることができました。

 今回の目的地には、波戸岬や虹の松原、鏡山など景色がいい場所があったのですが、晴れていたのにもかかわらず靄(もや)がかかっていたので、絶景を拝む事ができなかったのが残念です。
  しかし、呼子で食べた烏賊料理や、唐津で食べた唐津バーガーが非常に美味しかったので、今回のツーリングはまあまあ満足しています。

  今回初めてツーリングというものに参加したのですが、今までバイクでは峠や海岸線をただひたすら走り回る事がほとんどだった為か、目的地を決めてのんびり走るツーリングもいいものだなと実感しました。また機会があったら参加したいと思います。

楠田君、樋口君ご協力ありがとうございました。

トップページ
ツーリングインプレッション
ルート
お店の紹介
ツーリングアイテム
データ
バイク紹介
バックナンバー
リクエスト