トップ
ホットニュース
店舗紹介
イベント
新車ラインナップ
中古車情報
カスタマイズ
テストライド
DRIVE to DREAMS
 
 
 

 

 ツーリング季節の到来でドキが胸々(?)の皆さん、お待たせしました!! 今回は中級者向けの大自然の中をランディングする豊作ツーリング!? ドリーム長崎を起点に諌早→大村→佐賀・嬉野→世知原→佐世保と、ちょいと長めの道のりには、攻めの高速コースや、雄大な自然の景色が広がるビューコース、車幅2mのヒヤヒヤ山道コースとバリエーションも豊富な魅力満載のコース設定。

長崎はツーリングスポットの宝庫!

 今回はツーリングレポートに「ぜひ出たい!」と自ら手を挙げた楠田くんが愛車「CBR900RR」をひっさげて取材に同行してくれることになりました。

  3月に行ったHSR九州での試乗会に参加したのがきっかけで大型免許を取得。ホーネット250からCBR900RRへ乗り換えた。
  そんな大事な愛車で参加してくれることになったのだが・・・(意味深)。

 さて、まずは今回取材に使用するCB400SFを軽く紹介しよう。
 見ての通り昔からのホンダファンにはたまらないレッド&ホワイトのカラーリング。
 王道をいくバイクの中のバイクというネイキッドフォルムは、飽きることのないスタンダードスタイルの代表格。レトロなカラーリングに隠されたスペックは今までのSFシリーズにさらに磨きをかけたスペシャルバージョンで、SFシリーズが誇るワンランク上の走りが楽しめる。まぁ詳しいエンジンの数値などは来店した時にスタッフに聞いてもらったり、試乗したりして体感してもらうとして、さっそく出発することにいたしましょう!


一ケタの県道は要注意!?

 今回も朝9時ドリーム長崎を出発。大村までは34号線を北上。諫早・貝津の交差点から左折し、三浦方面へ。高速道路の高架をくぐり、小さな橋を渡った後すぐ右折。日岳を超えて大村へ抜ける道をチョイス。眠気覚ましにもってこいの峠道を抜け34号線を横切り大村国立病院の方からレインボーロードへ合流。
 高低差のある走りがいのある整備された道路だが、諌早〜大村間を結ぶ道路とあって交通量も結構多い。ここではスピードはほどほどに緑豊かな景色を楽しみながら走り抜けよう。
  大村山間部のこの大村レインボーロードは、大村諌早の市境、平町から大村市北部・松原までを結ぶ整備されたナイスな道路。道路沿いには味覚の里・大村を象徴するように、梨やイチゴなどの味覚狩りのスポットが点在し、これからの週末はたくさんのフルーツファンが味覚狩りを楽しむことだろう。  


  野岳公園へと続く県道6号へ。 6号…、1ケタの県道というのが少々怪しい…という不安は拭えないがそのままバイクを走らせる。
野岳公園前を通過し、さらに大村湾カントリークラブを通り過ぎ、さらに奥へ。二車線の道路がほぼ行き止まりのような道へ差し掛かるのだが、その奥へと続く細い道がなんと県道6号なのだ。平均の道幅は約2m。しかも午前中は露のために道の表面はウェット状態。
 まさに山道という感じで、所々の道には砂利が浮いていたりするので慎重なランディングが求められる。
 あと注意したいのは、実は結構山の上を走っているということ。
この県道そばの郡岳、遠目山、国見岳はいずれも800mを超える山ばかりなので、これからの季節は必ず上着を一枚余分に持っていくこと。
トップページ
ツーリングインプレッション
ルート
お店の紹介
ツーリングアイテム
データ
バイク紹介
バックナンバー
プレゼント