トップ
ホットニュース
店舗紹介
イベント
新車ラインナップ
中古車情報
カスタマイズ
テストライド
DRIVE to DREAMS
 
 
 

 

まだ雪の残る五家原岳山頂。

 ドリームツーリング隊一行は次なる目的地の「五家原岳山頂」へ。
 山頂までは県道184号を道なりに一本道。登り始めは道幅も広く、ついついスピードを出しがちになってしまうが、途中から急激に道が狭くなり、この季節はドライブに訪れた車とすれ違うこともちょこちょこあるのでご注意を。あと忘れていけないのは、ウエアの問題。白木峰高原あたりまでは標高も350mと涼しい程度だが、山頂に向かうにつれてかなり冷え込んでくるので油断は禁物。実際、取材時も3月上旬ながら道路際には雪が残っていたほど。下界は晴れていても、山の上は冷え冷えってことも多いので、常に上着もう一枚の準備は怠らずに! 

 白木峰高原から山頂までは時間にして約20分。直線が少ないくねくねロードで、斜面を切り取った道が続きガードレールが無いことが多いので、スピードは我慢して森林浴を楽しみながらのんびりいきましょ。キツイコーナーに限って砂利や泥が浮いてることも度々あるので慎重に走るに限る。

道路わきに雪の残る山頂への道


 そんなこんなで山頂に到着するとテレビ局のデッカイアンテナがずらり。それもそのはず、見晴らしがメチャメチャ素晴らしい。360度の大パノラマとはまさにこの場所のこと。モヤがかかった取材当日ながらそれでも十分に満喫できる壮大な眺めなのだ。ちなみに山頂には展望台しかなく販売機などの便利なものは無いので、一服したい人は事前に買っておくか、ポットにあったかいコーヒーなんかを持ってくると良いかも。

山頂の展望台(写真右)。ここから尾根づたいに1時間かけて経ヶ岳に向かうのが、長崎の登山家には人気のコースだとか。

春一番見ーつけっ!

早春の風香る山間部に春を見つけて立ち止まると、梅の花が三分咲きしていました。もう春がそこまで来ていますね。

 次なる目的地「平谷温泉」までの道のりは始めのうちは林道を通るマイナスイオンロード。
 登ってきた県道184号を下り、途中にある黒木方面行きの看板を右折。ここからはしばしの間はほどよいコーナーが続くワインディングロード。ただし整備された林道とはいえ道幅があまり広くないので、これまた飛ばし過ぎにはご注意を。ゆっくり走って30分程度で林道を抜けると、次は大村市と佐賀県鹿島市をつなぐ県道444号へ。

春の陽気でおかしくなったのか、突然踊りだすゲストの上田さん(笑)。
トップページ
ツーリングインプレッション
ルート
お店の紹介
ツーリングアイテム
データ
バイク紹介
バックナンバー
プレゼント