トップ
ホットニュース
店舗紹介
イベント
新車ラインナップ
中古車情報
カスタマイズ
テストライド
DRIVE to DREAMS
 
 
 

 


九州ホテル百年ダイニング

 大正時代創業の老舗ホテル、九州ホテル内のダイニング。歴史を感じさせる趣のあるダイニングフロアで、目の前に広がる雲仙地獄の湯けむりの景色を見ながら食事が楽しめる。

 百年ダイニングでは本文で紹介したビーフカレー以外にも、海老と茄子のスパゲティトマトソース1050円(サラダ付き)や、フィレビーフカレーチャパティハット1600円(サラダ・コーヒー付き)、デザート付きのランチ限定御膳・霧氷御膳1600円など気軽に味わえるメニューもある。また11時30分から14時30分までがランチタイム、14時30分から16時までがティータイムで、ティータイムでは九州ホテルオリジナルの焼きアイスクリーム平成新山フルーツ添え630円が人気。ドリンクがセットになったケーキセットも850円と嬉しいプライスだ。

DATA アクセス/小浜温泉から国道57号を約10kmの登り坂。雲仙名物の地獄を目指し、地獄入口横に位置している。メインストリートに面しているのでわかりやすい。
住所/南高来郡小浜町雲仙320
電話/0957-73-3234
その他/通年プラン=洋室プラン(1日3組限定・1室2名様利用)一人13650円(入湯税150円別)。
HPアドレス http://www.kyushuhtl.co.jp/

福田屋旅館「民芸茶屋・力」

 昔話に出てきそうな茶屋の雰囲気がどこか懐かしい。湯処としても評判の宿で、露天風呂のさえずりの湯、せせらぎの湯(どちら入浴料700円)は、その名の通り川のせせらぎを聞きながらの温泉浴が楽しめる。

 また貸切の家族湯では、丸太ん棒の湯(日帰り料金50分2500円)や溶岩の湯(日帰り料金50分1500円)などが人気で、貸切ならではの優雅な入浴が味わえる。

 旅館内にある土産処・蔵屋では、雲仙や島原半島ならではの特産品や加工品を数多く販売。福田屋オリジナルの商品もあるので、ぜひ立ち寄ってみよう。

DATA アクセス/小浜温泉から国道57号を約10kmの登り坂。雲仙温泉街入口に位置しているが、曲がり角付近にあるので見逃さないようにご注意を。住所/南高来郡小浜町雲仙380-2 電話/0957-73-2151
その他/宿泊プラン=冬季限定!突然得プラン『ワッ!ハッハッ』(平日)8800円。
「島原半島 ぐるっと一周 まるかじり御膳」プラン(平日)13900円。
HPアドレス http://www.fukudaya.co.jp/

眼鏡橋

 弘化3(1846)年、金浜川にかけられた石橋。
老朽化に伴い、平成3年に復元改修。平成6年には「手作り郷土賞」に認定された。

DATA アクセス
場所/小浜町金浜漁港そば小浜町金浜地区(国道251号線からも見えます。


足湯温泉

 雲仙地獄そば新湯の宮崎旅館横にある無料の温泉施設。雲仙温泉独特の硫黄の香りと真っ白な湯気が漂い、10人以上が同時に浸かれる十分の広さ。足首まで浸かりながら、しばしの気軽な温泉タイムが楽しめる。

DATA アクセス

場所/雲仙温泉街「宮崎旅館」横

 

指湯温泉

 島鉄バス雲仙営業所そば、いわきホテル前にある指だけを浸かるプチ温泉施設。冬場のツーリング時に寒風にさらされ、冷え切った指先を温めるにはもってこいの温泉。3人でいっぱいになるくらいの広さで、いわきホテルの入口付近にあるので、譲り合いの心で利用しよう。

DATA アクセス

場所/雲仙温泉街「いわきホテル」前

 

小浜町歴史資料館

 小浜温泉発展の礎を築いた「本多湯太夫」邸跡を歴史遺産として保存しながら、歴史や功績を紹介している。築160年の邸宅敷地内には足湯やさむらい広場、歴史資料展示館がある。
 また敷地内には源泉があり、二週間に一度(大体金曜日)の清掃する際は源泉が噴き出す迫力ある光景も見ることができる。

DATA アクセス
住所/南高来郡小浜町北本町923-1
電話/0957-75-0858
営業/9時〜18時
休み/月曜・年末年始
入館/100円

 

カフェ コージー

 風の森に静かにたたずむくつろぎのカフェ。
雰囲気ある店内は1階と2階に分かれていて、景色を眺めながらのカフェタイムが楽しめる。

 珈琲や紅茶だけでなく、フードメニューも充実。エビやイカ、ホタテがたっぷり入ったシーフードカレー1100円や、骨つきモモ肉が入ったチキンの煮込みカレー980円、自家製コロッケとカレーは900円などの他にもグラタンやプレートメニューまで味わえる。

 ボリュームも満点で男性でも満足すること間違いなし。のんびりゆっくり派にはランチタイム時や週末はさけて、平日の昼下がりがおすすめ。
 また夜20時まで営業しているので、ディナーでも利用したい。昼とは違い、ライトアップされた建物は森の中に浮かび上がる幻想的な雰囲気。

DATA アクセス/森山町251号線沿いの「風の森」のボードが目印。唐比展望台に登る途中から右折し、後は案内の通りに進む。風の森内の道路は枕木や石が敷き詰められた手作り道路なので、走る際は注意してゆっくりと。
住所/北高来郡森山町唐比67-3
電話/0957-36-7025
営業/11時30分〜20時
休み/無休
その他/カフェメニュー=スコーンセット750円、ハニーバタートーストセット750円。
フード=グラタンプレート980円、まぜまぜごはんプレート900円。ドリンク=キャラメルミルク500円。
トップページ
ツーリングインプレッション
ルート
お店の紹介
ツーリングアイテム
データ
バイク紹介
バイク紹介 バックナンバー