トップ
ホットニュース
店舗紹介
イベント
新車ラインナップ
中古車情報
カスタマイズ
テストライド
DRIVE to DREAMS
 
 
 

 

夕日を求めて外海ワインディングロードを走る
 食事も入れて二時間ほどゆったりした後は、ツーリング復路のスタート。崎戸町・大島町を後にして、国道202号に入ると右手に角力灘を眺めながらのサンセットウェイ。アップダウンと高速コーナーが続くこのコースはランディングスポットとしては最高のコース。大島大橋を渡り、西海町、大瀬戸町、外海町へと延々と続く国道はまさにツーリングならではの走りを楽しめる。途中にダムの周囲に造られた伊佐の浦公園やそとめ神浦川河川公園などもあるが、今回はスルー 。

 気持ち良いワインディングが続く202号線。自然とアクセルを開けたくなる。
 大島大橋から約40分、外海町名物の三色の橋の青色の橋の手前から横道に入り、300mほど登ったところにあるのが週末だけの喫茶店「たいらベーカリー」。手作りパンとコーヒーで小腹を満たしながら、テラスからは遠くは五島列島までをも見渡せるナイスビュースポットだ。

 そして今回のツーリング最後のスポット「遠藤周作文学館」へ。海を見下ろす小高い丘の上の文学館で、外海町が遠藤周作著書「沈黙」の舞台になったことを記念して造られ、平成12年に完成した。遠藤周作の足跡を伝える資料など数多くが展示されている。

 さてさて、今回から始まったホンダドリーム長崎ツーリングブロジェクトはいかがでしたか?実際にCB1300SFとCBR1000で実走してみて、中速、高速が多いコースなのでビッグバイクでのツーリングには、かなりおすすめのコース。全長189kmとツーリングマニアにしては中距離ツーリングのコースかもしれないが、これからツーリングを始めたいという人にはちょうど良い距離とコース内容だと思う。今回使用した2台もパワー全開とまではいかないまでも、ビッグバイクならではの余裕の走りは精神的な安心感を与えてくれるので、ライダーの余計な負担を軽減してくれる。ツーリング後もドッと疲れがくるというよりも、程良い旅の疲れが残る程度なので「また行きたい!」と思わせるコースだった。これから本格的な冬将軍の到来で、バイクから遠ざかる人も多いかもしれないが、車と違うバイクならではのツーリングの楽しみを今後もどんどん紹介していく予定。次なるコースは人気の小浜雲仙コース、乞うご期待!!
トップページ
ツーリングインプレッション
ルート
お店の紹介
ツーリングアイテム
データ
バイク紹介
バイク紹介 バックナンバー