トップ
ホットニュース
店舗紹介
イベント
新車ラインナップ
中古車情報
カスタマイズ
テストライド
DRIVE to DREAMS
 
 
 

 

海と風を感じる島

 みかんドームを後にし、今回のツーリングのメインスポット大島・崎戸町方面へ。

 有料の大島大橋だが、橋の手前にある茶屋では普通550円の通行料が少しだけ安くで購入できるのでそちらを利用しよう。橋の上は残念ながら駐停車禁止なので橋の上からの景色は車上でしか味わえないが、まぁ急ぐ必要もないので、ゆっくり走って潮風を感じるのも良いかも。大島大橋をバックに記念撮影するならば渡りきった左下に見えてくる大島大橋公園がベスト。愛車も入れてカッコイイ写真を撮っちゃおう。

  大島町に入り、まずは焼酎「いつもの奴」でお馴染みの「長崎大島醸造」へ。目の前に見える大島造船所方面の町道194号沿いに約5分、右手に見えてくるたぬきの像と焼酎の大型タンクが目印だ。飛び込みでおじゃましても醸造見学がスタッフの案内付きでできるので、希望する時は事務所に声をかけよう。工場に隣接した大島醸造で造る全種類の焼酎などを販売しているコーナーもあるので、焼酎ファンはぜひ立ち寄って欲しい。瓶入りの焼酎がベストだが、帰りの道中に割れるかも…と考える人には紙パックの焼酎もあるのでそちらをおすすめしたい。

 さて、ここから次なる目的地「ホテル咲き都」までの県道15号はイイ感じのコーナーの連続。少々道幅が狭くなる箇所があるので、背伸びしない程度にライディングを楽しもう。長崎大島醸造からのんびり走っても20分程度のところにある「ホテル咲き都」では、少し長めの休憩タイム。寒さで縮こまった体を美味しい料理とポカポカ温泉で癒してあげよう。

  リゾート感あふれるホテルながら、レストランでは手頃なランチメニューも多く、1000円前後で崎戸特産の魚介類を使った和食・洋食が味わえる。

 ラジウム温泉「狸の湯」の立ち寄り湯は300円と良心的な入浴料なので、ツーリング前半の疲れを癒すにはもってこい。タタミ敷きの湯上がり休憩室も隣接しているので、湯冷め防止のためにもここでくつろぎたい。
トップページ
ツーリングインプレッション
ルート
お店の紹介
ツーリングアイテム
データ
バイク紹介
バイク紹介 バックナンバー